■管理組合の運営とその課題

― 第40回交流会で会員の取り組みを報告し交流 ―

 交流会は12月17日に枚方市民会館第4会議室
で開かれ、25管理組合から33名が参加しました。
 今回の共通テーマとして、管理組合役員にとって
身近な、@総会と理事会の準備、運営、議事録作
成、広報、A理事の任期、改選方法、交代時の引
継、B管理委託業務の管理、C管理組合運営の
問題点と改善対策等をとりあげました。
 事前の詳しいアンケート調査に対して26会員か
ら回答が寄せられ、その生データと分析・総括資料
が配布され、事務局からの報告に基づいて意見交
換しました。
《 総会と理事会の準備・運営・議事録作成 》
 ○議案書作成、会議進行、議事録作成、広報は
管理組合が主体となって行う必要がありますが、大
半の会員はそのようにしています。
 ○一部会員では管理会社が議案書と議事録の
原案を作成しています。
《 理事の任期・改選方法 》
 ○理事任期は、1年23%、1年・留任併用46%、2
年半数交替23%、2年全数交替8%。
 ○選任方法は、輪番制27%、立候補・推薦制23%、
輪番・立候補・推薦併用50%。併用制により役員が
長期留任しているケースも。
《 役員交代時の引継 》
 長期留任役員や2年半数交替制を除いて、交替
にあたって業務に必要な知識経験の引継が不可
欠です。○就任前の理事会オブザーバ出席の制度
は42%あり。○半数が前理事長の監事残留など工
夫している。○担当役員同士の引継はほとんどで
実施。○15%で新役員研修会開催。○担当業務書
類整備は約半数。業務マニュアル整備は12%。
《 管理委託業務の管理 》            
 管理会社任せでなく主体的に管理する試金石は
管理組合が管理会社の仕事ぶりを評価しているか
どうか。約半数の会員は、契約内容を把握し仕事
ぶりを評価しています。
《 管理組合運営上の問題点と課題 》
(主体的な管理組合運営について)
 ○主体的に運営65%、お任せの傾向12%、どちら
とも言えない23%。○お任せ傾向の理由として、知
識経験が不十分、組合員の無関心、役員の意欲
不足など。○改善対策として、やる気がある役員
の残留、組合員への広報改善、専門委員会設置
など。
(建物設備老朽化と住民の高齢化)
 二つの老いと言われる問題に対して、○その段
階である + そろそろ懸念しているは約半数です。
○その対策として、適切な費用で計画修繕を実施
する、高齢化世代を支えるコミュニティつくり。築35
年を過ぎているが世代交代が順調に進んでいると
いう会員も。
 

2012.01.08 広報24号に掲載