メロディーハイム山田池公園

 
高圧受電で共用部電気代を半額に!
 当マンションは2000年竣工の73戸と言う小規
模マンションです。修繕積立金も一度値上げをして
いますが、何とか管理経費削減で費用を捻出した
いと色々と取り組んでいます。
 
 昨年秋、一通の封筒が入っており、高圧受電に
変更する事によって、管理組合の共用部電気代を
半分に削減しませんか?と言う内容でした。
 高圧受電に変更すれば電気代が削減できるとい
う事は、枚管連交流会の労住まきのハイツさんの
お話で知っていました。しかし、その為には、自前で
トランスを保有し、保守管理をしていかねばなりませ
ん。素人理事ばかりの集合体である我々管理組合
にそれだけの力量があるとは思われません。おい
しい話だけれど無理と、二の足を踏んでいました。
 
 それがチラシによると、めんどうな部分を全て業者
が負担してくれて、かつ管理組合の共用部電気代
を半減できるとありましたので、さっそくコンタクトを
取りました。今回、我々が選択した業者はエフビット
コミュニケーションズ鰍ニ言う通信関連を主体にした
会社ですが、電力の高圧受電をマンションに売り込
む業務にも新規参入したという会社です。
 
 業者を選定するにあたって検討した点は、   
@信頼できる業者か?(騙されているのでは?)
A業者が倒産した場合にどうなるのか?
B数社からの相見積もりをとる  と言う点でした。
@について、最近の収支報告書を取り寄せて利益
を確認。ここ数ヶ月で倒産の可能性はないと判断。
騙されているかどうかは、よくわからないが、管理
組合として資金提供はしていないので失うものは
ないとしました。Aについて、例え倒産しても、電
気は関電から供給し続けるので停電の恐れはな
い。また、トランスを差し押さえられても、重くて簡
単に持ち出せるものではない。債権者にとって価
値の低いトランスを金に換えるよりも、ビジネスを
継続した方がメリットが大きいと考えるはずと判断。
Bについて、中央電力ともコンタクトし、見積もりを
入手しました。 中央電力は、既に枚方近辺でも
実績があり、多くのノウハウを蓄積している会社の
ようです。年間100マンションを高圧化させている
という話でした。ただ、削減電気代は少ないと言う
ディメリットです。
 
理事会の決議を経て、昨年3月に臨時総会を開き
可決されました。一般決議なので過半数の賛成で
決定できますが、大変なのはその後です。居住者
全員の関電との契約中止とエフビットとの新規契約
書を集めねばなりません。もちろん、この面倒くさい
業務は全て業者がしてくれますが、管理組合として
もバックアップをしてあげないと、話は前に進みませ
ん。後数人と言う所からの前進が大変です。夜遅く
になっても、帰ってきた様子のない家、電話のつな
がらない家、連絡先の不明な家 等々。
 
 しかし、5月中旬になってようやく73戸分全てが
集まり、6月25日工事と決まりました。工事で大変
なのは、朝1時間半と午後1時間の停電が発生す
るという点です。停電中は、エレベータ、機械式駐
車場が使えないのはもちろん、水道や電話(IP)も
使えない と言う点です。また、停電後にAV機器等
の時刻修正が必要になる場合もあります。反面、
めったに経験しない停電という状態で、火災報知
器のバックアップバッテリーがどの程度持つのか? 
とか停電時非常ライトの確認 などが行えました。
 特に大きなトラブルもなく、無事高圧受電に変更
する事が出来、年間約90万円の電気代削減につ
ながると、目論んでいます。 これは修繕積立金
1000円/月・戸の値上げ相当です.
 皆さんのマンションでも、管理経費削減に色々と
取り組んでおられると思います。管理組合として、
大きなリスクなしに取組めるコスト削減方法だと思
います。唯一のディメリットは、工事の時に停電が
発生する と言う点と、 3年に1回、保守点検のた
めに30分程度の停電が発生するという事ですが、
それに勝る大きなメリットが生まれると感じていま
す。一度ご検討されてはいかがでしょうか?
2010.05.09 広報14号に掲載