藤阪パークハイツ

 我が団地には、組織として存在するのは自治会  
と子ども会しかありません。30年前の入居時には  
子どもが小さいなどの事情で比較的付き合いも頻  
繁に行なわれたことでしょう。今の時代の象徴で、
我がマンションも少子高齢化が進み、ご近所との  
付き合いが希薄になりつつあります。  
 しかし、この度自治会の役員を1年間担当して思
うに、中々捨てたものではないと思います。同じ住  
人でありながら殆ど会話の無かった人が、役員と  
いう共通の目的のため極自然に話ができ、いつの
間にか絆ができていました。  
 組織だけでなく、お互いが相手を認めて声をかけ
る習慣をつけるだけでも、充分コミュニケーションは
取れることを実感しました。「先ず自分から声をかけ
る」、例え相手が知らん振りをしていても懲りずに  
続けることが大事だと痛感しました。さあ、始めまし
ょう。  「 こんにちは 」  「 おはようございます 」

                               
2009.09.07 広報10号に掲載